読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15.1.20 KちゃんNEWS 書き起こし

15.1.20 KちゃんNEWS オープニング


小山:加藤さん、今日ね実はね、1月14日。まあ僕嘘つきません
シゲ:(笑)つけや、ちょっとは
小山:1月14日。で、今日ちょうど僕every.で、まあシゲのあのー、『ピンクとグレー』が映画化されるっていうのが、ちょうどさ放送があって、まあコメントもしたんだけど
シゲ:うん、あ、電話かかってきたもんね!なんか
小山:電話してー、ちょ、いやいや、例えば、俺がせっかく喋らしてもらうから。俺しか言えないようなこと言えたら良いかなと思って電話したわけですよ
シゲ:カルスポね
小山:カルスポ。いやでもすごいねー。原作者…じゃん。脚本というよりは原作者でしょ
シゲ:うん
小山:だからもう預けるってことなんでしょ。作品を。あとは。
シゲ:預けるっていうか、「映画化したいんですけど良いですか?」みたいな
小山:ねぇ、それってさあ…
シゲ:「どうぞどうぞ」って感じじゃん?そんなん
小山:原作渡すじゃん。台本上がるじゃん。まあ台本は脚本の…さあ。ちょっと変わってくるじゃん。それを、今度シゲがなんか、その「ここはこうじゃないですか?」みたいなことはあんの?
シゲ:あ、言ったよ?最初すごい長いダーーーっとめっちゃ長い脚本が出てて、こう削る、「削りますけどこんなんでどうですか?」って言われて、あーーーぜんっぜん違うのね!
小山:へーーー
シゲ:全然違う、もう別物と捉えるぐらいの、なんていうかまあでも構造は面白いんだけど、すごく面白くて!あの、別…なんつうんだろ、別の作り方が
小山:あ、そうなんだ
シゲ:こういう風になるんだ!でもそのだから俺が小説で書いてないことも結構あるから、あのーうん、膨らましたってことなのかな。すごい…うんそうそうそう。だからまあ、一応言ったのは「これはこういうことです」とか。行定さんって元々ね!事務所から言われる前に、まあこれ今だから言うけど(笑)
小山:飲みに行ったり、ね。うーん言ってたね!

シゲ:丸山くんにいきなり!「行定さんが飲みたがってるから」って。なーーーんでだろうと思ってたの。何で俺のことそんな知っ…誘ってんだろと思って。ご飯行ったら、事務所から言われる前に、「実は『ピンクとグレー』を俺がやることになって、話が来てるんだ」つって
小山:そこで知ったの(笑)
シゲ:そこで知ったの!で、行定さんが会いたがっててつって!ほら未来シアター来たときもだから話してたの。ずっと一年くらい前っから話は知ってたんだけど
小山:なるほどね

シゲ:まあでもそういう話今までいっぱいあって、頓挫したから、まあ話半分だったんだけど、いよいよまあ決定して
小山:いやーー、嬉しいよメンバーとしても
シゲ:いやその後…こないだ剛くんの舞台を見に行ったんだけど、その剛くんを行定さんがやってたの、舞台。で、脚本の人がこの俺のやつやるんで。だからそれも挨拶がてら行ったときも。なんか出てくる中にスーツがあるだけど、「そのスーツってどんなイメージ?」つったら「あ、色違いですけど、僕持ってますよ」つって「写真送りましょうか」そんな感じで
小山:あっじゃあかなりもう
シゲ:すごい聞いてくる、行定さんも!
小山:ってことはもうシゲの考えもちゃんと尊重して
シゲ:すごいだって
小山:センスだったりとか…
シゲ:映画化するのは『ピンクとグレー』なのに、その後の2作も読んでたみたい。読んでくれてるつって
小山:いやーーー楽しみですよ。どっ、だって来年さあ、映画館にさあ、俺自分見に行ってる感じ、今から鳥肌立つ俺いるんだけど、「すごっ」と思って
シゲ:俺もどう思うんだろうね
小山:だってエンドロールないし、まあ最初わかんないけど、出てくるわけじゃない「原作 加藤シゲアキ
シゲ:あっだから台本はあ!!もらったの!!台本超かわいいんだけど、ピンクとグレーの台本なの。そことかも、いつもよくさ台本もらったときに原作とかあるじゃん。漫画とか。そこに自分がいるわけよ
小山:かっけーなーー
シゲ:おもしろいよねー

小山:ということで『ピンクとグレー』映画化、まだまだ1月だけど来年だからね
シゲ:そうだよ、あんまり今日言っても…あれ?
小山:え?鼻血?
シゲ:鼻血?なんか血出てるどっかから。鼻血?まあいいや大丈夫!
小山:ちょと待て…大丈夫?鼻血…あの、鼻血を、ティッシュを、大丈夫?
シゲ:大丈夫
小山:じゃあ進めちゃうね
シゲ:うん
小山:ということで 
(チ―――――ン)(シゲ鼻かむ)

小山:嘘だろ(笑)一番大事なとこだよ



 

この回、他にもこやしげカラオケの話とか、お正月のしやがれリーダー会で泣いたけーちゃんを茶化したのはしげだけだって話とか色々聞き応えあった